女性保険 帝王切開

帝王切開 費用

帝王切開は、高額になるケースもあるようです。
費用がいくらかというのは、一概には言えません。
都内の個人病院で70万かかったという方もおられますが
これは一番高い部類に入るのかもしれません。
その病院の普通分娩より少し高めといったところではないでしょうか。
適用する保険に入っておくと、入院給付金、手術給付金が受け取れますね。

普通分娩では、最近の病院は入院期間が短めになってきています。
帝王切開の場合は、入院期間が長めになります。
なので、比較すると費用がかかるのでしょう。
保険適用部分は、同じぐらいの金額でも、その他のサービス面での違いで金額にかなりの差が出ますね。
個人病院の中には、エステやフランスコースの料理が出てくるところなどもありますものね。

帝王切開 保険

帝王切開で多くの負担にならないように、女性保険に入っておくといいですね。
女性特有の病気もありますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

帝王切開 高額医療費

高額医療は治療費だけで自己負担分が1ヶ月で規定金額を超えた場合に適用されます
帝王切開の手術や投薬などは健康保険がききますので、「高額療養費(高額医療費)」の対象となります。
入院費については、高額医療費の対象になりません。
社会保険事務所などに高額医療の件でといえば詳しく教えてもらえます。

医療費控除

年間に医療費がいくらかかったのか、一定額を超えると控除になります。
家族全員の領収書などを捨てずにおいておきましょう。
出産一時金や、高額医療で戻った分、保険会社からの給付金は差し引きとなりますので
すべて資料はおいておいて、税務署に相談してみましょう。
確定申告の時期は込み合いますので、お子様を連れて行くのはかなり大変です。