視力矯正 寝ている間

寝ている間に視力を回復させる矯正法
「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジーというのは、 寝ている時にコンタクトレンズを装着して、日中は裸眼で生活する視力矯正方法なんです。
寝ているだけで直るのって思われると思いますが
アメリカで30年の実績で、中国でも普及、世界中で多くの人が治療をうけているようです。
手術ではなく治療になります。
レンズの中央が凸のコンタクトレンズを装着して、角膜を矯正していく方法です。
健康保険の適用はありませんが、生命保険や医療保険は適用されるかもしれませんので
一度ご加入の保険会社に確認された方がいいと思います。
医療費控除の対象となりますので、その年のご家族の医療費の領収書は捨てずにとっておきましょう。
レーシックも同様に健康保険の適用はありません。

オサート

オルソケラトロジーは、中度ぐらいまでの近視を対象になりますが、その範囲を広げたのが
オサートです。オルソケラトロジーが1回のみのレンズ作成に対して、オサートは段階的にレンズを作り変えていきます。
このことによりオルソケラトロジー治療よりも重度の方にも対象範囲が広がりました。
段階的にレンズを作成していく為、このオサートは技術経験が必要となるので治療できる所は、限られています。