祝電 文章や種類

祝電とは

祝電とは入学、成人、就職、結婚、昇進など、お祝い事などの場において、お祝いの気持ちを電報として送ることです。
一昔前まで、祝電を送る手段としては、NTTが行っているサービスしかありませんでしたが、2003年4月に信書便法の施行を受け、複数の民間企業が新規参入しました。
これによって祝電の低料金化が進み、利用者はますます利用しやすくなりました。
パソコンや携帯電話の登場によって、電子メールによる文章のやりとりが多い昨今ですが、賛辞など、心のこもった大切な気持ちを伝える方法として今もなお、祝電は使われ続けています。

祝電の文章にはマナーが必要

祝電の文章を考える際に気をつけなければならないのは、祝電における固有のマナーです。
祝電は、様々なお祝い事で利用されますが、「使ってはいけない文言」が存在し、祝電を送るシチュエーションに応じてその文言は変わってきます。
例えば、結婚式のお祝いのために送る祝電のマナーとして、「切れる」、「別れる」、「離れる」、「戻る」、「戻す」といった別れを連想させる言葉、「重ね重ね」、「たびたび」、「しばしば」などの再婚を連想させる言葉は「忌み言葉」(いみことば)といわれ、縁起が悪いと考えられています。
祝電の文章には使用しないようにしなければなりません。