卵管 詰まり(つまり)

卵管のつまり

卵管の障害は、不妊症の原因として割合が増えてきています。
卵管のつまりがあると妊娠の確率が低くなるだけでなく、子宮外妊娠を引き起こす可能性もあります。
子宮外妊娠は、卵管妊娠がほとんどで、そのままにしておくと卵管破裂を引き起こす事があります。

卵管の役目は、卵巣から子宮へと運ぶ為の管の事です。射精された精子が卵管を通って卵子と受精します。
つまり、卵管がつまってしまうと、精子が卵子に進入する事ができなくなってしまうということです。
妊娠の確率が低くなりますね。
卵管は2本ありますので、片方が通っていると妊娠の可能性はあります。
両方が閉塞していたりすると自然妊娠は難しくなりますので、
卵管形成術や体外受精などの方法で妊娠を目指すことになります。

卵管造影検査

卵管造影検査は、子宮内にカテーテルを挿入して造影剤を入れます。
それをX線撮影して診断する方法です。造影剤で流れをみてつまっているかどうかを診断します。
造影剤が卵管を通りますので、卵管造影検査をしたときに、軽いつまりは直ることがあります。
検査となりますが、治療になるということですね。
痛みを伴うこともあります、下記にアンケートの結果を参考に記載してあります。

通水・通気検査

X線を使わずに、水や炭酸を送り検査する方法です。
卵管造影検査よりも精度は若干劣るようです。
X線がない病院でも可能です。
この検査でも軽いつまりは直ることがあります。