お産 入院準備

お産の入院準備はいつから?

お産のための入院準備は、30週を超えたら始めるようにしましょう。
やはり初産の方が多いため、多くの場合、産婦人科の助産師さんが妊娠スケジュールに合わせた生活指導を行います。
入院準備に必要となる品物のリストを手渡す産婦人科が殆どですので、リストを参考にして、身動きをとりやすいうちに早めに準備を終えるように心得ておきましょう。
遅くても35週に入る前には準備は終えましょう。
出産予定日は満40週0日に当たるのですが、正期産は37週以降41週までとされています。
『たまごクラブ』などのマタニティ雑誌を参考にしたり、先輩ママからの話も取り入れると良いでしょう。

入院準備のためのリスト

できることであれば、産院の指示する入院準備リストを参考にしてお産の入院準備をすることが一番です。
忘れやすいものがコンタクトレンズの洗浄剤や基礎化粧品、持病がある場合には薬など、身のまわりの「自分に欠かすことのできないもの」です。
コンタクトレンズの洗浄剤などは、新品のボトルとレンズケースを予め「入院セット」の中に入れておくようにしましょう。
普段から使っている基礎化粧品のトライアルセットやトラベルセットがあるのであれば、別途加えておきましょう。
忘れても家族の方に買ってきてもらうことはできますが、困らないよう、リスト通りに揃えておくことが大切です。

入院準備のおすすめ

お産のための入院準備グッズでおすすめとなる商品に、生理過多の方のためのナプキンです。
お産パッドは予め産院から購入するように指定されたり、産院側で入院費の中に含まれていたりと対応がまちまちですが、そのほかに生理過多用のナプキンをひとつ用意しておくと、お産パッドを使いきってしまった場合でも心強い味方になります。
そのほか、夜間の授乳中に肩が冷えないようにストールを用意しておくと便利です。
スタイルを気にする方であれば、産後用のコルセットなどを用意しておくと良いですね。