喪中の範囲

喪中ハガキの基礎知識

どこまでの範囲を喪中とするのか?

基本的には、本人の考え方によります。一般的には、配偶者・子供、本人及び配偶者の両親・兄弟姉妹・祖父母までを範囲とすることが多いようです。 ※通常喪中とされない範囲の場合でも、悲しみが深くとても新年を祝う気持ちになれない場合など、喪中欠礼をだしても全く問題ありません。 あくまで一般的な範囲ですので、ご家族、ご親族さまともよくご相談の上、判断することをお勧めします。

喪中ハガキとは?

近親者で1年以内に不幸があった場合に、1年間喪に服しますので、慶事を避け年末年始の挨拶を避けるということを知らせる為の年賀欠礼のお知らせです。 お友達同士でもメールで喪中の挨拶というのは、いかがなものかなと思います。

いつまでに届くように出す?

喪中ハガキを出す場合は相手さまの年賀状の準備があるので、11月末から12月上旬までに届くようにすることが礼儀です。

喪中のハガキにコメントを書いてもいいのか?

親しい方や、お世話になった方への一言添え書きをすることは礼儀上問題ありません。
ただし、新年のお祝いの言葉や、遊びの話などは慎むべきでしょう。

誰に送ればいい?

一般的には、年賀状をやり取りしている方全員に送られる方が多いです。
気遣いをされたくない相手や、仕事関係には喪中を出さずに年賀状を出すケースもあるようです。
会社の場合は、社長が喪中の場合でも欠礼しないのが一般的です。
喪中はがきを出していない方から年賀状を受け取った場合は、喪中欠礼のあいさつを書いた寒中見舞いをだすようにします。