経費老人ホームとは

軽費老人ホームとは

軽費老人ホームとは、老人福祉法に基づいて開設された老人福祉施設のことです。3種類の軽費老人ホームがあり、所得に基づいて無料または低額な料金で入所することができるというものです。
入所の条件としては、60歳以上の高齢者で家族と同居することができないこと、身のまわりのことを行うことができるということです。
夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上ということになります。区分としては「A型」、「B型」、「ケアハウス」というものがあります。

A型の軽費老人ホーム

A型の軽費老人ホームでは、入居者に食事が出されます。施設に管理栄養士や調理師がいて、決められた時間に食堂へ集まり、入居者全員で食事をします。
入居の条件としては、基本的に収入の金額が使用料の2倍相当以下であって家族がいない、または家庭の事情で同居することができないということになります。

B型の軽費老人ホーム

B型の軽費老人ホームでは、入居者に提供する食事がありませんので、入居者自身が部屋で自炊するということになります。
入居の条件としては、居宅で生活することができない60歳以上の高齢者ということになっています。

ケアハウス

ケアハウスは、名前の通りケア(介護)のサービスを受けることが可能である施設です。
健康状態が低下している60歳以上の高齢者で自立した生活をすることが難しいという場合を対象とした施設で、バリアフリー化してあること、全室が個室ではないといけないと法律では定められていて、寮母(介護職員)が何名か常勤しています。
食事はA型と同じで、食堂で行います。